測定機器選びの達人

測定機器選びの達人

2021.12.07
【商品情報】ダコタ・ジャパン株式会社 UCI と リバウンド に対応したハイブリッド硬さ計新発売 !

UCI は小物部品や硬化層、熱影響部(HAZ)の硬度測定に最適
リバウンド は結晶組織が大きな材料や表面がやや粗い部品の硬度測定に最適ダコタ・ジャパン株式会社 UCI と リバウンド に対応したハイブリッド硬さ計画像

  ハイブリッド硬さ計(UCI / リバウンド)モデル QH-7C
  スケール:HV、HRC、HRB、HB、HS、MPa
  測定範囲(鉄):HV 80~940、HRC 20~68、HB 80~647
  精度(UCI):HV ±5%
  精度(リバウンド):HLD ±4(HLD 800)

■ UCI は小物部品や硬化層や溶接部の熱影響部(HAZ)の硬度測定に適しています。
■ 軽くて薄い試験体の硬度測定が可能で、特に光沢仕上げされた試験体の硬度を正確に測定し
  ます。他の測定手法に比べ圧痕が小さく、測定対象が薄物・軽量部品でも測定できることが
  特徴です。
■ 溶接の熱影響部(HAZ)や硬化層、ギヤの歯の硬度測定に使用されています。
■ 小型で持ち運び可能なハンディタイプの硬さ計ため、製造現場や屋外での測定も可能です。
■ 圧痕を電子的に評価するため、正確な硬度を測定する事ができます。

UCI(超音波接触インピーダンス)式 硬さ計の測定原理は こちら をご覧ください。

■ リバウンド は、表面状態が比較的粗く、結晶組織が大きい重量のある鋳造や鍛造部
  品の測定に適しています。
■ リバウンド は、測定方向(角度)を自動で検出し補正できます。
■ 検査員による測定のばらつきが非常に小さいため、熟練が不要で、誰でもすぐに使用する事が
  できます。
■ 測定した硬さは、ビッカース(HV)やロックウェル(HRC)、ブリネル(HB)に変換して表
  示することが可能で、かつ他の硬さ試験機に比べて安価なこともあり、現在最も普及している
  金属用の硬さ試験機ともいえます。

リバウンド(リーブ)式 硬さ計の測定原理は こちら をご覧ください。

仕  様
 型式 QH-7C
 表示 最大・最小、平均、範囲、標準偏差、グラフ表示
 データロガー(データ保存件数) 32,500件(8フォルダー)
 保存モード 手動、自動
 プローブコネクタ Lemo 3ピン(インパクトデバイス)、 Lemo 00(UCIプローブ)
 外部インターフェース マイクロUSB(PC接続、充電用)、RS-232C出力(オプション)
 寸法 165 × 65 × 105mm(W × H × L)
 重量 820g(バッテリー含む)
 動作温度範囲 −10~50°C
 電源 内蔵バッテリー(充電式単三電池、1.2v Ni-MH)、約40時間動作
 保証期間 3年(保証対象は本体のみ)
 付属品 本体、プローブ、プローブケーブル、USBケーブル、USBチャージャー、
 試験片、ソフトウェア、取扱説明書

ハイブリッド硬さ計 QH-7シリーズの PDF カタログは こちら をご覧ください。

メーカー名
ダコタ・ジャパン株式会社 ホームページにリンクします。

前のページに戻る

お問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちら
TEL:078-842-0124 [ 受付 ]平日9:00〜17:00 ※土日祝は休み
お問い合わせフォームへ
ページの先頭へ戻る
Top