測定機器選びの達人

測定機器選びの達人

2019.01.10
【商品情報】日置電機 株式会社 から AC/DCカレントセンサ CT6875 ・ CT6876 新発売

AC/DCカレントセンサCT6875(定格500A)、CT6876(定格1000A)を発売

詳細はこちらをご覧ください。
株式会社 服部 計測機器 株式会社 日置電機 カレントセンサ CT6875 画像
 ■ 周波数帯域や耐ノイズ性能を大幅に向上させた貫通型電流
   センサーで大電流化、高速化が進むEV(電気自動)/HEV
  (ハイブリッド自動車)搭載インバータの効率などの測定で
   威力を発揮します。
  ■ CT6875、CT6876の 共通特長
  ※ シールド強化により耐ノイズ性能を向上、ノイズに埋もれた
    電流を正確に測定
  ※ 高確度測定を実現するフラットな周波数特性とCMRR性能
  ※ 従来よりさらに強化された耐環境性能-40〜+85℃で使用可能
               ※ 従来よりさらに向上した基本確度±0.04%、位相±0.1°を実現
株式会社 服部 計測機器 株式会社 日置電機 カレントセンサ CT6876 画像   ※ 太陽光発電・燃料電池評価等、バッテリの充放電からインバー
    タ2次側まで
  ※ オシロスコープ/メモリハイコーダ等で波形モニタが可能
   (センサユニットと併用)
CAT III 1000 V
  ■ CT6875の特徴
  ※ 従来製品(9709)の20倍 帯域DC〜2 MHz (振幅), DC〜1 MHz
   (位相)の良好な周波数特性
  ※ 定格電流:AC/DC 500A 測定可能導体径:φ36mm以下。
  ■ CT6876の特徴
               ※ 従来製品(CT6865)の75倍 帯域DC〜1.5 MHz (振幅), DC〜1
                 MHz(位相)の良好な周波数特性
               ※ EV, HEV等電気自動車の1000A大電流計測にベストマッチング
               ※ 定格電流:AC/DC 1000A 測定可能導体径:φ36mm以下。■ ■ CT6875、CT6876の主な使用用途
※ EV/HEV搭載インバータやバッテリーの評価、設計、開発
※ 太陽光発電用パワーコンディショナの評価、設計、開発
※ 研究開発機関、大学におけるパワーエレクトロニクスの研究

CT6875 ・ CT6876本体のみでは使用できません。
電源供給とメモリハイコーダ等への接続にはオプションのCT9555/CT9556/CT9557のいずれかが必要です。
コネクタはME15W(金属タイプ)のみです。
PL23(プラスチックタイプ)の機器に接続する場合は変換ケーブルCT9901と組み合わせて接続してください。
パワーアナライザ PW6001、PW3390には直接接続できます。

メーカー名
日置電機 株式会社 ホームページにリンクします。

前のページに戻る

お問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちら
TEL:078-842-0124 [ 受付 ]平日9:00〜17:00 ※土日祝は休み
お問い合わせフォームへ
ページの先頭へ戻る