測定機器選びの達人

測定機器選びの達人

2019.04.01
【商品情報】コニカミノルタジャパン株式会社 新製品 分光測色計 CM-26d / CM-25d の紹介。

業界最高レベルの器差と繰返し性を実現 !
樹脂部品、自動車内装部品、塗料、ガラスなどの色管理に !

CM-26dの紹介
CM-26dは最高レベルの器差・繰り返し性を実現した、積分球d/8タイプのポータブル測色計
最上位モデルです。             小型・軽量の流線型ボディ    測定器の両面に測定ボタンを搭載   小型・軽量の流線型ボディ/測定器の両面に測定ボタンを搭載
器差:ΔE*ab 0.12以内(12色BCRA平均)  
繰返し性:標準偏差0.02以内。
測定径切替:φ8mm φ3mm
測定時間:*1約0.7秒
*1SCI(正反射光含む)またはSCI(正反射光除去)で測定
 したとき、測定ボタンを押してから測定が完了するまでの時間です。

小型・軽量の流線型ボディ 大きさ 約81(幅)×93(高さ)×229(奥行)mm
測定器の両面に測定ボタンを搭載
CM-26d CM-25dの仕様抜粋

型式

CM-26d

CM-25d

色彩 照明・受光
光学系
 di:8°、de:8°(拡散照明・8°方向受光)
 SCI(正反射光含む)/SCE(正反射光除去)の切替機構付き
積分球  Φ54㎜
測定用光源  パルスキセノンランプ×2個  パルスキセノンランプ×1個
受光素子  デュアル40素子シリコンフォトダイオードアレイ   デュアル32素子シリコンフォトダイオードアレイ 
分光手段  平面回折格子
測定波長範囲  360~740㎚  400~700㎚
測定波長間隔  10㎚
半値幅  約10㎚
反射率測定範囲  0~175%、表示分解能:0.01
照明径  MAV:Φ12㎜
 SAV:Φ6㎜
 MAV:Φ12㎜
測定径  MAV:Φ8㎜
 SAV:Φ3㎜
 MAV:Φ8㎜
繰り返し性  色彩値:標準偏差ΔE*ab0.02以内
(白色校正後、白色校正板を5秒間隔で
 30回測定したとき)
 色彩値:標準偏差ΔE*ab0.04以内
(白色校正後、白色校正板を5秒間隔で
 30回測定したとき)
器差  BCRAシリーズⅡタイル12色の平均値
 ΔE*ab0.12以内
(MAV-SCI、コニカミノルタマスター
ボディ基準、当社測定条件による)
 BCRAシリーズⅡタイル12色の平均値
 ΔE*ab0.2以内
(MAV-SCI、コニカミノルタマスター
 ボディ基準、当社測定条件による)
 UVコントロール   UV100%/UV0%           -
観察条件  2°視野、10°視野
観察光源  A、C、D50、D65、F2、F6、F7、F8、F10、F11、F12、ID50、ID65、ユーザー設定光源*1
(2種類の光源での同時評価可能)
表示項目  色彩値、色差値、色彩値グラフ、色差グラフ、分光グラフ、OK・NG判定、擬似カラー
表色系・色空間  L*a*b*/L*C*h/ハンターLab/Yxy/マンセル(C)/XYZおよび各色差(マンセルは除く)
表色値  MI/WI(ASTM E313-73)
 YI(ASTM E313-73、ASTM D1925)
 ISOブライトネス(ISO2470)
 WI/Tint(CIE)
 Strength
 Opacity
 Greyscale
 8°グロス値
 ユーザーインデックス*2
色差式  ΔE*ab(CIE1976)/ΔE94(CIE1994)/ΔE00(CIE2000)/CMC(I:c)/ハンターΔE/DIN99o
対応規格  DIN 5033 Teil7、JIS Z 8722 条件c、ISO7724/1、CIE No.15
*2ユーザー設定光源、ユーザーインデックスの設定には別売付属品の色彩管理ソフトウェアSpectraMagic NX が必要です。
●ここに記載の内容、仕様および外観は都合により予告なしに変更する場合があります。


  分光測色計 CM-26d / CM-25d の詳細はこちらをご覧ください。

メーカー名
コニカミノルタジャパン株式会社 ホームページにリンクします。

前のページに戻る

お問い合わせ・ご相談・お見積もりはこちら
TEL:078-842-0124 [ 受付 ]平日9:00〜17:00 ※土日祝は休み
お問い合わせフォームへ
ページの先頭へ戻る